薬用ノエミュの口コミは?

薬用ノエミュとは?

薬用ノエミュは株式会社タットワが販売する顔汗専用制汗ジェル。厚生労働省の認可を受けた医薬部外品です。

発汗抑制効果が実験で認められているパラフェノールスルホン酸亜鉛を高濃度で配合し、自律神経の乱れ、運動不足、ストレスなどで出てくる顔汗をしっかり抑えてくれます。

さらに、シャクヤクエキス、茶エキス、ワレモコウエキスが、紫外線やストレスによって過剰になった皮脂の分泌を抑え、肌をさわやかにキープ。

シメン-5-オール、柿タンニンが効果を発揮するので、汗のニオイも気になりません。

もちろん、合成香料、着色料、パラベン、鉱物油、石油系界面活性剤などの添加物は一切不使用。敏感肌の人でも安心して使えます。

薬用ノエミュの成分

フェノールスルホン酸亜鉛

わきがクリームやデオドラントに広く使われている金属塩。収れん剤として止血、鎮痛、防腐などの医療目的でも使用されています。

収れん剤というのは、皮膚や粘膜に存在するタンパク質と結びついて被膜を作る薬剤のこと。

制汗用に使われる場合は、汗に含まれているタンパク質と結合し、汗腺にフタをしてしまいます。そのことで汗を抑えるわけです。

ヨクイニンエキス

ヨクイニンは、イボに効く食材として知られるハトムギから種皮を除いたもので、古くから生薬としても活用されてきました。ヨクイニンエキスはそこから有効成分を抽出したものです。

ヨクイニンには、肌のターンオーバーの促進効果があり、悪性の老廃物を柔らかくして体外へと排出してくれます。

またこのエキス自体が、皮膚科で処方されたりもします。

シャクヤクエキス

シャクヤク(芍薬)はボタン科の多年草。層を作った華麗な花を咲かせます。エキスは主にその根から抽出されたもの。

抗炎症作用、血行促進、月経不順改善など、幅広い効能があり、最近は美白効果に注目が集まり、美白用化粧品によく使われています。

さらに保湿しながら皮脂の分泌を抑える働きがあり、肌トラブル用の化粧品にも欠かせない成分です。

ワレモコウエキス

ワレモコウは秋に花を咲かせる野草。アジアの各地で見られます。そのエキスは根や根茎から抽出されたもの。元々は生薬として漢方で使われていました。

抗菌と消炎の効果があり、にきびや肌荒れ対策の肌ケア商品や、日焼けどめに配合されています。また低刺激性ということで、ベビー用ローションやオーガニック製品にもよく使われているようです。

シメン-5-オール(イソプロピルメチルフェノール)

殺菌作用のある成分。顔ニキビの原因であるアクネ菌や、背中ニキビの原因のマラセチア菌も死滅させる高い効能を備えています。

ニキビケア化粧品にはよく配合されているほか、ハンドソープ、消毒薬の主成分の1つです。

柿タンニン

渋柿から採った果汁を発酵させたものです。日本では平安時代から、木材建築、和傘、魚網の塗料や衣服の染料などに使われてきました。

さらに悪臭成分と結びついて別の物質に変化させることから、最近では消臭効果が注目を集めています。

薬用ノエミュの使い方

朝は洗顔後、化粧水と乳液をつけてから薬用ノエミュを汗をかきやすい顔の部位に塗り、よく伸ばします。

その後、普通にお化粧をしてください。

昼間に効果がなくなってきたら、顔に浮いてきた脂をティッシュや油取り紙などでとり、お化粧の上から再び薬用ノエミュを塗ってください。

その後は夜までテカらずに過ごせます。

顔汗の予防方法

顔汗が異常に出る原因のひとつに運動不足が上げられます。そこで対処法としては、有酸素運動の習慣をつけ、しっかり汗をかくことです。

運動によって汗を流すと汗腺を鍛えられ、それまで休眠状態だった汗腺に刺激が与えられます。そのことで全身に質のいい汗をかくようになり、顔汗が減っていくのです。

また食事の面では、大豆、味噌、納豆などを積極的に摂るといいようです。

大豆製品に豊富に含まれるイソフラボンには汗をサラサラにしてくれる作用があり、顔汗にも効果的。

こちらには即効性はなく、あくまで体質改善を目指すものなので、毎日長期間に渡って食べ続けることが必要です。

また、自律神経の乱れでも顔汗は出てきますので、日々の生活習慣を見直すのも大事となります。

たばこやお酒はなるべく控えめに。食事のバランス、睡眠不足なども改善を目指しましょう。

さらに顔汗予防として効果的なのが薬剤です。

特に薬用ノエミュは顔汗専用のジェルとして高い評価を得ています。

余計な添加物も一切使っていないので、敏感肌の人でも安心して使えます。

薬用ノエミュに関するQ&A

Q.顔から出る汗を抑えてしまうと、体に悪い影響が出ることはありませんか?

A.薬用ノエミュを使って顔汗を止めても、悪い影響が出ることはありません。
同じだけの水分が尿や汗としてきちんと排出されるので大丈夫です。

Q.敏感肌なんですが薬用ノエミュを使っても大丈夫でしょうか?

A.薬用ノエミュは合成香料、着色料、パラベン、鉱物油といった添加物を使っていません。敏感肌の人でも肌に刺激を受けずに使うことができます。

万が一、かゆみや赤みなどの異常が出た場合、直ちに使用を中止して、医師に相談して下さい。

薬用ノエミュの全成分

有効成分……パラフェノールスルホン酸亜鉛、シメン-5-オール

その他の成分……架橋型ポリエーテル変性シリコーン混合物、ジメチコン、架橋型ジメチコン、PEG-9ポリジメチルシロキシエチルジメチコン、シクロペンタシロキサン、セリサイト、メチルハイドロジェンポリシロキサン、架橋型シリコーン・網状型シリコーンブロック共重合体、クエン酸Na、塩化Na、フェノキシエタノール、エタノール、BG、ジエチレントリアミン5酢酸5Na液、柿タンニン、炭酸水素Na、炭酸Na、ワレモコウエキス、ヨクイニンエキス、茶エキス-1、シャクヤクエキス、メントール、精製水

薬用ノエミュの特徴

薬用ノエミュの第一の特徴は、高純度のフェノールスルホン酸亜鉛を配合しているところ。

この成分は、汗に含まれているタンパク質と一緒になって固まり、汗が出るのを抑えてくれます。

即効性もありますが、4日間つけ続けることで発汗量が41%も減少することが実験で分かっています。

つけるとすぐに汗を止める上に、使い続けることで汗自体の量を減らすのですから、これだけ制汗作用に優れた成分はめったにありません。

薬用ノエミュで顔汗の出にくい体にしましょう。